2008年5月23日金曜日

■1%寄付プロジェクトって何?


「1% Contribution PROJECT for Better Society」(より良い社会を作るために商品価格の1%を寄付するプロジェクト)です。

その略称が、「1%寄付プロジェクト」(1%C)。


現在、世界中に社会起業家が誕生し、日本にも続々と現れています。

彼らは、政府や行政では満足に解決できないさまざまな社会的課題の解決のために働いています。

たとえば、人身売買という犯罪の被害者を救済・支援しているポラリスプロジェクトという団体(NGO)があります。

同団体では、10,000円あれば、被害にあった当事者からの相談や救援を行うホットライン(1ライン)の2週間分の運営費に回せます。

また、100,000円があれば、 当事者5人と定期的な関わり、ピアカウンセリング、そして危機介入などによる、長期的なサポートができるそうです。

このような社会的活動は、子ども支援難民支援人権保護環境保護地雷撤去開発途上国支援被災地支援医療支援地域支援など、多岐に渡ります。

(※それぞれのテーマをクリックすると、「○円で何ができるか」がわかります)


一方、あなたが本やCDなどを買うと、作家やミュージシャンなどの著作権者は本体価格の10%程度の印税を受け取ります。

著作権者が、その印税のうちの10%相当(=本体価格の1%相当)を社会問題の解決に取り組むNPO/NGOなどの「社会起業家」に寄付したら、その著作権者と商品を応援しようというのが、「1%Cプロジェクト」なのです。

つまり、あなたはいつもの買い物をするだけで、自動的に社会貢献ができるのです。

著作権者にとっては、いつものように商品を発表するだけで「買えば買うだけ(売れれば売れるだけ)社会に役立つ」ことになるのです。


しかしながら、社会起業家という名のヒーローの存在を、日本人の8割がまだ知りません。

そこで、ミュージシャンや漫画家、作家が一斉に「1%C」による寄付を始めれば、一気に有名になるでしょう。

そんな時代を消費者と一緒に作れたら、ステキだと思いませんか?


 このプロジェクトは、「1%C」のロゴ付き商品の普及に努めることで、「社会起業家」の存在を世に広く知らしめ、彼らを持続的に支援することをミッションにしたソーシャル・アクションなのです。